早漏は男女を不幸にする!早漏防止のために必要な対策を知ろう!!

pills in hand

何を基準にして選ぶのか

three blister packs

先ほどのページでは早漏を防止する方法は医薬品を利用するのが一番であると説明をしました。すぐに効果が出るので、そのときのセックスから早漏を改善できるからです。
ですが、これまで早漏防止の医薬品を使ったことがない男性は、どういったものがあるのかも理解できていないはずです。そういった状態で利用するのは不安も大きいはずです。ですから、最低限のことは知っておくようにしましょう。
早漏を防止する医薬品は大きく分けて二つの種類があります。それは、内服タイプと外用タイプのものです。この二つの種類には、それぞれにメリットとデメリットがあります。そられらを知って上で自分が利用しやすいものを選ぶといいでしょう。
内服タイプの早漏防止薬は、本来はED治療薬として使われているものです。ペニスを激しく勃起させると共に、脳の興奮状態を抑える働きがあります。この働きが射精を遅らせることになるんです。この内服タイプのメリットは、女性に利用が知られることがないということです。飲むだけという手軽さなので、こっそりと利用できるんです。逆にデメリットは効果が出るまでに時間がかかるということです。種類にもよりますが、数時間後に効果が出始めるものもあります。利用のタイミングが肝心になってきます。
そして一方の外用タイプは局部麻酔として利用されているものです。これをペニスに直接塗ることで、感度を抑えて早漏を改善するというものです。この外用タイプメリットは効果がすぐに出るということです。塗って洗い流せば、それだけで早漏が改善されています。女性と急に良い雰囲気なったときも慌てることなく対策ができるんです。デメリットは女性にバレることなく利用するための工夫が必要なことです。女性の前でペニスに薬を塗るわけにはいきません。利用するときに注意が必要です。
早漏が防止できる医薬品は以上の二種類です。どちらも、原因が何であっても、確実に改善できるものです。自分にあった方法で改善するようにしましょう。

ページのトップへ戻る